2016年9月7日

バリ生活 またバリのお盆”ガルンガン”が廻ってきた~

バリは今日から10日間お盆です。
一部を除いて年間通して一番大きな祭事で、お供え物の準備も大変、豚を捧げるお祭り料理にも丸1日を要するし、各家の前にはペンジョールという竹に飾りつけしたものが建ち並びます。

以前は椰子の若葉で飾ったペンジョール、この黄緑色が大好き♥

それが昔は、椰子の若葉で飾りつけていたので、ガルンガン当日は黄緑色のペンジョールが道路にアーチを作り、とってもキレイで私は大好きだったのですが、最近ではロンタルという固めの葉を漂白したものを使って作られた各部分を買ってきて、竹に取り付けるのが普通で、道路は白いアーチになってしまっています。

ロンタル製品の各部分があちこちで売られている、
程良い厚みと固さのせいかいろんな形が可能、
年々派手になっているような…
今は、ほとんど全部のお宅が白いペンジョール

椰子の若葉だと翌日には枯れて茶色くなってきてしまうのが、そのロンタルだと日持ちするもので重宝がられていて、お供え物にもたくさん使われているのですが…
手が痛いんです(泣)…お供えを作るお手伝いで何度かロンタルを使いましたが、触り始めてけっこうすぐに手指の腹が白くなってピリピリしてくるんです…薬剤がしっかり乾いていないと強烈です。
うちもこのロンタルが出初めて何回かは白いペンジョールでした、でも…

このお祭りが終わったら捨てられて雨でこの大量のきつい漂白剤が土に浸み込むんだなぁ…とか、
ロンタルをこのきつい漂白剤に漬け込んで売っている人の体は大丈夫なのか、その辺りの土や水の汚染はどうなんだろうか…とか、
このきつい薬剤で漂白されたロンタルを使ってお供え飾りを大量に作って売っている人の体は大丈夫かなぁ…とか、

自分で痛い経験をしてからいろいろ考えるようになって、前回(7か月前)のガルンガンからうちでは白いロンタルは一切使わないようになりました。


竹に赤い布を巻き付けて椰子の若葉の飾りをつけてます。
もともと緑が生い茂っている我が家では
ペンジョールがあまり目立たないのだけど^^;

とは言っても、ペンジョールの先っちょにぶら下がっているキレイな飾りは、とうてい自分で作れるものではなく(以前は近所の人にお願いして作ってもらってた)、それでなくてもお供え物の準備で忙しくしている兄嫁に頼み込んで、椰子の若葉で一緒に作らせてもらっています。

お義姉さん、忙しいのに毎回ありがとう~
ホントに感謝してます!

前回はうちだけだったのが、今回はもう1軒黄緑色の飾りのお宅があり、少しづつでも皆が自然に戻っていけたらいいなぁという思いを込めた我が家のペンジョールです。

2016年9月2日

バリ生活 うちの子が大好きな教室”Art in English” 

”英語でアート”教室、隣村に住むフィンランド人の女性が先生です。

video

子供たちの作品を展示する展覧会が、レストランやホテルなどで毎年あって、これは2013年に新聞社のホールでした時のビデオです。

10年前、3歳になったばかりの娘を連れて銀行に行った時のこと、私が窓口で手続をしている間に、ワヤンが声をかけられたのが最初でした。
手続を済ませて戻ってきた私に「さっきプレグループをやってるって欧米人に声をかけられた」とワヤン。
「どこで?いつ?何時から?」
「わからない、訊かなかった…」
「なんで訊かないの…」
とがっかりしていた私。

その数か月後、ウブドの幼稚園から帰ってきた息子のリュックにパンフレットが入っているのを見つけました…「Art in English」。
帰りがけに校門で配っていたらしいそのパンフレットを見てびっくり、住所がギャニャール…?!それもうちの隣村。
欧米人の先生とクッキーを作る子供たちの写真とその様子を描いた絵、なんて楽しそうな教室なんだろう…
何の根拠もないのだけど、なぜか銀行でワヤンに声をかけてくれたのはこの先生に違いないっとピ~ンときた私、さっそく翌日ワヤンに電話してもらい、見学にでかけてフィンランド人先生に再会したのでした。

息子が5歳、娘が3歳で通い始めた「Art in English」、週2回、英語1時間+アート1時間も英語で、時にはお料理したり、ピクニックに行ってその様子を描いたり、バティック(ろうけつ染め)に挑戦したり、こないだはこんなものも作ってきました。

デザイン学校で勉強してた立体デザインを思い出す…
あるいは飛び出す絵本?!

息子は小学校卒業に伴い2年前にやめてしまいましたが、娘はおかげさまで英語が大好きになり、中学生になった今も続けています。